Amazonせどり。赤字で困った商品、売るか待つかの判断とは?

友だち追加

↓クリック応援↓お願いします↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ<にほんブログ村>

――――――――――――――――――――――――
どう判断する?赤字での損切り。
――――――――――――――――――――――――




先月の話になりますが、ある商品を損切りしました。

以下がその商品です。

http://simmer-ex.com/L38432/c1/21011

量販店でかなり安く売られていたのですが、

恐らく全国一斉のセールだったのでしょう、

その後価格が大幅に下落しました。




以下は価格と出品者の変動です。

http://simmer-ex.com/L38432/c1/31011

9000円ほどで売れていたのに、出品者が増え、

最低では1900円にまで下がっています。




僕は4000円ぐらいで複数仕入れていたため、

赤字で売りさばく、すなわち損切りをするべきか、

値段が上がるのを待ってから売るか、

その判断を迫られました。




出品者が激増して値下がりしてしまった場合、

赤字でも早く売って資金を回収するか、

値上がりするのをひたすら待つか、

どちらかを選ぶ必要があります。




僕は今回の場合、赤字が500円ぐらいで済むうちに、

全て売り切ってしまいました。

ではその判断はどのようにしたのか?




この商品はメーカーに確認したところ、

生産完了品であるとの事でした。

つまり、今後のさらなる出品者増は、

考えにくいと言う判断から、次の計算が出来ます。




モノレートのグラフを見れば1か月で何個売れるか、

だいたい想像をつける事が出来ます。




仮に1か月で10個売れる商品であれば、

自分の売りたい金額以下で売られている商品数が、

30個ならば、3か月ぐらい待っていれば、

自分の売りたい金額まで上がると予想できます。




今回紹介した商品の場合、計算したところ、

黒字になる5000円に回復するのに、

約1年かかるだろうと言う結果が出ました。

僕は10台仕入れたため、約40000円が、

1年間完全に浮いてしまうと言う訳です。




1年もの間、この40000円が全額使えなくなるより、

30000円に減ってしまったとしても、

現金化して次の仕入れをした方が良いとの判断です。




ただ、もしお金に十分な余裕があるのであれば、

約1年間放置しておいて、値上がりした時に売る、

と言うやり方をする事も可能です。




商品は売れなければ仕入れ資金が丸々赤字ですが、

赤字でも売れさえすれば、資金を回収できます。

損切りをするかどうかの判断は、

自分の資金と相談して決めるのがいいと思います。




ただし、生産完了になっていない商品の場合、

メーカーがさらに増産してもっと値下がりする、

なんて事が起きる恐れがあるので、

値上がりするのを待つのは危険です。




売れる頻度、出品者の在庫の数、

メーカー生産終了品であるかどうか、

そしてあなたの資金力、

それらをよく考えて判断するのがいいと思います^^

 

 

ビジネスパートナー募集中

↓健一が運営する物販チームにご招待↓

Yahoo!とAmazonで併売しよう>

↓全自動の神ツール「アマヤフ」↓

<火災保険は、火事以外でも下りる

↓100万円の保険金、放棄してませんか?↓

関連記事

  1. せどり仕入れ

    Amazon仕入れで値下げ交渉は苦手ですか?ヤフオクなら簡単ですよ。

    ↓クリック応援↓お願いします↓<にほんブログ村>―――――――――――…

  2. せどり販売

    AmazonのFBA手数料が半額になる!?新サービスの登場です。

    ↓クリック応援↓お願いします↓<にほんブログ村>―――――――――――…

  3. せどり販売

    新品の本をプレミア販売!それってAmazonのルール上問題ないの??

    ↓クリック応援↓お願いします↓<にほんブログ村>―――――――――――…

  4. せどりトラブル

    カメラがぶっ壊れました!早急に対応しないと泣き寝入り。ヤフオクせどりにご用心。

    ↓クリック応援↓お願いします↓<にほんブログ村>―――――――――――…

  5. せどり仕入れ

    電脳せどりで注文したら、即電話がかかってきました。Amazonせどりで稼ごう。

    ↓クリック応援↓お願いします↓<にほんブログ村>―――――――――――…

  6. せどり販売

    中古の冬物が即売れ!Amazonせどりで冬の商品はまだまだいけるのか??

    ↓クリック応援↓お願いします↓<にほんブログ村>―――――――――――…

PAGE TOP